有利対面飛び膝割り。*

地面に向かって膝を突き出す https://twitter.com/huyunoyuki12251

気持ちの焦りとリラックスレーティング

大学に行くまでの通学時間1時間で適当に書いたので読みにくかったら申し訳ないです。オチとかはありません。

 

色んなプレイヤーが色んな抽象的なことを沢山述べていて、それを受け試行錯誤している人が多い。

勝ち方、強くなるためにすること、レートがうんぬん。理屈ではなんとなくわかっても難しいし、しんどいですよね。

特に伸び悩んでいる人はこれを真に受けて焦ってポケモンをしていると思います。焦ってなかったらそれはそれで悪くない傾向なのでいいです。

 

僕もそういうことを伝える側のプレイヤーなのかな?っていう自覚は少しあるのですがあんまりそういうことを言い過ぎても受ける側がパンクしてしまうので、僕はリラックスしてレーティングを楽しむ方法を体験談からお伝え致します。

 

まずはその開いているDSを閉じます。そしてベッドやら布団に大の字に寝転んで目を閉じてぼーっとします。5分から10分くらい。この時気持ちを落ち着けることを意識します。ポケモンのことは考えても考えなくてもいいです。僕はガルーラがグンチ捨て身タックルしてる映像をイメージしたり美味しいご飯を食べる妄想をしたりしています。

それで起きたらDSを開いてレートに向かいます。この時自分の気持ちに乱れがあると思ったらもう一度寝ます。

 

レートをするにあたって自分が設けるルールは

*必ず5戦区切りで試合をする
レーティングの数値をみない

の二つです。
5戦である理由は集中力の平均的な限界が5戦であると考えているからです。あとは単純にキリがいい。
中には何十戦も連戦するプレイヤーはいますがあまり良いとは言えません。後半は疲れながらやっているはずなので。疲れながらやったり、精神的に弱ってる状態でのレートは思考がブレやすく、勝っても負けても成長しにくく、自分のためになりません。
目安としては5戦ごとに最低15分の感覚を開けたいです、PT変更もするならこのタイミングがいいです。

 

次にレーティングの数値をみない。これはみないというよりは意識をしない、という感じですね。このレートになるまでやろうとかそういうのを控えるべきだ、という話です。
見るべきは5戦の間に何勝できるかです。1〜2勝しか出来なかったらそれは構築や自分のプレミが原因だろうとはっきりわかるので改善がしやすいです。4〜5勝出来たならそれは勝てるいい構築なので次も続けましょう。

 

運負けが続いたな、と思う方は同じ構築でまた5戦してみましょう。運負けなのかなるべくしてその結果になったのかがわかるはずです。
5戦ごとにやると勝率が見やすくて自分の現状の強さがわかりやすくてグッドです、キリがいいのはこのためでもありますね。

もし勝率が悪かったらそこでその日はさっぱりやめてしまうのも手です。気分が悪いままやっても恐らく自身の経験値にはなりません。また構築を変えて次の日に5戦やればいいのです。

 

レートなんか見なくたってこれを続けていれば勝手に強くなって、上げようと思わなくたって勝手に上がります。レートの高い人間が強いのではなく強くなったらレートもおまけで付いてくると考えると気持ちが楽になると思います。

僕はこのルールを考えてからレートにストレスを感じることはなくなりました。

 

少しでも参考になっていただけたのならば幸いです。大きなお世話だ!って思うのならばそれはそれで構わないので頑張ってください。
苦しそうにポケモンをやっている人が楽しくプレイ出来るように応援しています。

 

1年以上前にコラムは書かないって誓ったはずなのに書いてしまった、萎えたなァ〜