読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有利対面飛び膝割り。*

地面に向かって膝を突き出す https://twitter.com/huyunoyuki12251

シーズン17 使用構築 行動保証ガルクレセ 最高2166 

ふゆのです。最終シーズンに使用した構築を軽く掲載します。

ガルクレセレボルト以外が構築としてほぼ未完成であり満足のいく仕上がりにはなりませんでした。

今シーズンはこだわり3種と積み行動がずば抜けて強かったという印象があります。対面よりはサイクル+積みの環境だったのでしょう。

 

f:id:huyunoyuki1225:20150915214858g:plainf:id:huyunoyuki1225:20150915220548g:plainf:id:huyunoyuki1225:20160913092922g:plain基本選出はガルクレセなんちゃら

f:id:huyunoyuki1225:20150712182136g:plainf:id:huyunoyuki1225:20150712175443g:plainf:id:huyunoyuki1225:20150712210120g:plain

 

 

 

f:id:huyunoyuki1225:20150915214858g:plain

203-189-120-x-120-135 意地@メガ石

グロウパンチ、捨て身タックル、冷凍パンチ、不意打ち

 

一昔前に開拓された古代のガルーラ。

ガルミラーでABガルーラを上からグロ不意で縛ることが出来るため先発運用がし易い。

グロ捨て身でクレセリアをかなり良い確率で生存しながら突破するためガルクレセ、ガルカバ等の構築に対して積極的に動かしていった。

 

f:id:huyunoyuki1225:20150915220548g:plain

227-x-157-95-150-135 図太い@ゴツメ

凍える風、毒々、月の光、リフレクター

 

HSをベースに振り切ったクレセリア

Sを振り上からリフレクターで補強することで秘密ガルーラへの抵抗、終盤の環境である鉢巻カイリューへの後出しを安定化させることを意識した。

身代わりクレセリアの上から毒を入れられる、リフレクターでマリルリの起点阻止・壁+こご風でガモスやガルーラの積みサポートも欲張って行うこともあった。

三日月の舞とは違うタイミングでのサポートにより相手の戦闘の流れを崩して拾う試合が多かった。

 

f:id:huyunoyuki1225:20160913092922g:plain

163-x-100-200-126-138 控えめ@ラム

蝶の舞、火炎放射、ギガドレイン、めざ岩

 

対面構築の痒い所に手が届くウルガモス

序盤中盤はめざ氷(所謂theboss)の個体で使用していたがPT単位で氷技に恵まれすぎていたため意地ガブ抜きを諦め耐久とパワーに回し、増えるであろうと予測したガモスミラーやリザYに打点を作れるめざ岩に変更した。

交代読みをするファイアロー等にもワンチャン性能は作れるがブレバの一貫や舞った後の悠長な行動をこちらが意図せずに作っており襷を持たせなければとてもリスキーな立ち回りに頼りざるを得なく、あまり使い心地は良いとは思わなかった。

 

f:id:huyunoyuki1225:20150712182136g:plain

159-x-105-212-101-138 控えめ@スカーフ

10万ボルト、ボルトチェンジ、めざ氷、サイコキネシス

 

HBラインを分厚くしたスカーフレボルト。

陽気猫不意耐え、鉢巻ブレバ2耐え、200逆鱗耐えをベースにSを削り行動回数を増やすことを意識した。

環境に眼鏡ゲッコウガやゲンガー+αのサイキネの一貫がある構築が多かったためスカーフサイキネはとても刺さっていた印象があった。

気合玉が必要な場面が多々あったためめざ氷かボルチェンを切りたいが結局切れずに終わってしまった。

 

 

f:id:huyunoyuki1225:20150712175443g:plain

205-x-160-111-136-128 図太い@食べ残し

熱湯、毒々、身代わり、守る

 

ゴツメの次にガルーラに強いスイクンを模索したところ、こちらのスイクンに行き着いた。刺さる構築に出せば大きな活躍を見せてくれたがレボルトとセットで出すことの選出の難しさ、役割対象の少なさから最終日はゲッコウガ抜きに配分をリメイクしたチョッキスイクンに変更してしまった。

f:id:huyunoyuki1225:20150712210120g:plain

159-x-115-191-116-192 臆病@メガ石

鬼火、祟り目、ヘドロ爆弾、道連れ

 

補完で入ったメガゲンガー

特に目立った物はなく出す必要のある構築に出してはサイクルカットをして堅実なゲームメイクをするだけのポケモンだった。ウルガモスが多かったため挑発鬼火ヘド爆の技構成にすれば良かったと思います。

 

 

 

 

 

最終シーズンなのに大きな結果が出せずしんみりモードで終わっちゃいました、悲しい…

SMもレート等のインターネット対戦には手を出すつもりでいますのでまた新作の発売後よろしくお願いします。

 

近々参加するオフが二つありそちらでは今よりも完成度の高い構築で挑めたら良いなと思っています。

ORASレートお疲れ様でした。とてもやりがいがあって楽しかったです。